「かとく」って何? 長時間労働で大阪、京都の会社が書類送検

平成27年8月27日の毎日新聞電子版に「大阪労働局と京都労働局は27日、外食チェーン「まいどおおきに食堂」「串家物語」などを全国展開する「フジオフードシステム」(大阪市)が大阪府と京都府の計17の直営店で従業員に違法な長時間労働をさせていたとして、法人としての同社と、各店の店長ら計16人を労働基準法違反容疑で大阪、京都両地検に書類送検した。」とあります。

今回は36協定に定められた残業時間の限度(月45時間)を超えて、最大月133時間の残業をさせていたとのことです。一般的に月の平均労働時間は173時間程度ですから、最大月に300時間超の労働時間があったと言うことになります。

月100時間超又は2~6ヶ月平均で月80時間を超えた時間外・休日労働時間があった場合、心臓疾患、脳疾患、精神疾患などの健康障害リスクが高まるとされています。

ところで「かとく」とは何でしょうか?「かとく」とは平成27年4月1日に東京労働局と大阪労働局に設置された、「過重労働撲滅特別対策班」の事であり、過重労働に関する法令違反を専門に扱う特別班です。

先に、7月2日にABCマートが労働基準法違反で書類送検するとニュースにはなっていました。

現在のところ、東京と大阪の両労働局にしか設置されていませんが、過重労働が全国的に無くならなければ順次設置する労働局が増えるかも知れませんね。

厚生労働省もブラック企業対策に本気で対応していくのでしょう。